Wellcome to Regina
チェンマイのチャンルンラート通りを歩いていると不思議な店に出くわした。
古い屋敷を改装したその薄暗い店内は30坪はあっただろか。ところ狭しと並べられているのはホコリをかぶった沢山の木彫りの動物や骨董品、ガラクタの数々。そして店内にはけだるいジャズが流れていた。奥に吸い込まれるように進んでいくと、一段高くなったまるで番台のような場所にとても上品な老婦人が腰を掛け微笑みながらこちらを見ている。彼女はゆっくりとそこから降りてきて言った。「この奥の庭から川の景色が見えますよ。よろしかったら覗きに行っていらっしゃい」と至極流暢な英語で。
薄暗い店内を通り抜けると光のまぶしい庭に出た。やし実ので作った風見鳥がふわふわと揺れていた。
物置のドアノブが昼下がりの太陽を反射していた。石段をゆっくりと2、3段降りると祠のような所にニワトリがのっていた。
いったいここはどこなんだろう。
ひどくゆったりと流れる空気に足の力が抜けてしまいそうだ。チャルンラート通りを走るバイクや車の騒音もうそのように此処では聞こえない。

さらに奥に進むとニワトリたちが椅子やテーブルにのって休んでいた。
どうやらここには宿泊施設があるらしい。
そこで働く女の子がテーブルでなにか作業をしていたようだが、我々の姿を見てどこかに引っ込んでしまった。

誰もいないテーブルや椅子の間をぬってにわとり達をおともに庭の奥へと進むとそこにピン川が流れていた。
ボートが静かに水の上をすべっていった。
道草トップへ

チェンマイ*chiangmai2 へ
 ]
 ]


大人のアジア シノアサンク   アジアの布、タイ・ラオス・ミャンマーの手織り、古布、中国家具、エスニックの洋服、アクセサリー、雑貨.

(C)2003 Chinois Cinq