うわ〜と感動の連続だった至極のリゾート
歳を重ねるにつれヘビーな旅行から自然に遠のいて来た訳ですが、
かといってまだまだ身分不相応というかやはり貧乏性な私としては
リゾートと言っても割安感の感じられる所を選んできました。
今回もまあシーズンオフの安めのお部屋ということでちょっと
気張って選んだホテル・・・

今朝は早朝4時に起き、成田までの遠い道程、タイまでのフライト5時間、
そして空港に出迎えの車に乗換え更に3時間半のドライブ。
う〜ぐったりだあと思ったのもつかの間、暗闇にこうこうと浮かぶ
《Anantara resort 》のサイン。
おっよさげな予感!うお〜お〜!

ゲートからフロントに車が滑り込むまでの間、まるで昔行った
ディズニーランドのアトラクションでも見るかのごとく大口を
開けっ放しで感嘆の声を上げ続けずにはいられませんでした。

ゲートからフロントまでの道は夜にはライトアップされ
それはそれは美しくロマンティック。
ホテルの敷地内あちこちに見かけるレリーフ シックで開放的なフロント
若い頃貧乏旅行をしているとたまに飛行機のエンジントラブルなんかで
欠航になると航空会社持ちで高級ホテルに泊まれる事がある。
そんな時は高級ホテルに泊まる事自体がアドベンチャーになった訳だが
今は自らそんなホテルに予約を入れる自分が大人になった、
いや、歳を食ったと思う訳です。


大きなレインドラムの上に置かれた古い根来漆器に水をはり生のお花を
浮かべるなんて,とてつもない贅沢をさりげなくあちこちでやってのける。

道草トップへ

Anantara 2 * アナンタラ 2

大人のアジア シノアサンク   アジアの布、タイ・ラオス・ミャンマーの手織り、古布、中国家具、エスニックの洋服、アクセサリー、雑貨.
(C)2003 Chinois Cinq